子連れグループキャンプ2017 北軽井沢スウィートグラスのファイヤーサイドコテージ

calendar

reload

子連れグループキャンプ2017 北軽井沢スウィートグラスのファイヤーサイドコテージ

6月後半に4ファミリーで、ホテル&キャンプ行ってきました。

梅雨真っ盛りですが、やっぱりあまり雨は降りません。

 

スポンサーリンク

1泊目:エクシブ軽井沢

1泊目のホテルはエクシブ軽井沢(本館)
温泉&プール&グルメ&鯉の餌やりを堪能。
エクシブは客層が良くて居心地が良い(当然か)。

 

2泊目:北軽井沢スウィートグラス

2泊目はキャンプ!

今回は群馬県は北軽井沢にあるスイートグラス
http://sweetgrass.jp

なかなか予約が取れない人気の高規格キャンプ場。
すごく人気だと聞いていたので、いつも低規格キャンプ場ばかりの我が家は、なんぼのもんじゃい!ということで、楽しみにしていました^^

行ってみてわかったわ、人気の秘密。そして、高規格キャンプの快適さ…(苦笑)
その快適さを写真と共にどうぞ。

 

ファイヤーサイドコテージ

今回は4ファミリーでファイヤーサイドコテージを2棟。

暖炉があるからファイヤーサイド。
お風呂もトイレも完備。
色んな種類があるコテージの中でも一番人気らしい。

裏側?こっちが正面?
車は横に2台止められます。

庭側。
ひろーいウッドデッキ♪
BBQ台、焚き火台、テーブル2つ、椅子8人分が備え付けられていて、屋根もある!
雨が降ったとしても、ここでBBQできるよ。

部屋の中も広い!
1階と2階にそれぞれ寝室があり、10人座れるテーブルと椅子もある。
2家族だと広すぎるくらい。

 

子どもの遊び場

北軽井沢スウィートグラスの人気の秘密は、高規格なキャンプ場だからというだけではなく、子供向けの遊具やイベントの豊富さにある。

大きなトランポリン(有料・30分500円)で飛び跳ねて

アスレチックも各所に配置されている。
ターザンロープも大人気。

こちらは、子どもたちの元気を燃料に走るコロスケ号。(有料・1回100円)
広い場内を回って、各所でキャンプしている人たちに向かって「ヤッホー!」と叫びまくる。荷台に乗るのなんて、子どもたち大好きだよね。

ガイド役のマーヴィン。
後ろに見えるのは、ツリーハウス。

いろんなツリーハウスがあって、それが迷路みたいに繋がっています。

こんなに巨大な黒板も!
これは、子どもたち楽しくないわけがない!!
遊びには事欠かないよ。

 

コテージでの過ごし方

もちろん、コテージでもゆっくり楽しめます。

一通り遊んだら、みんなでスイカ割り!

夕食はBBQだよね〜!当然、パパたちが活躍。

頑張ってシーズニングした、ダッチオーブンも活躍。
鶏の丸焼きを作ったよ。(鶏がでかくて蓋が締まりきってない。笑)

我が家のダッチオーブンは、キャプテンスタッグの10インチ。
シーズニングは面倒だけど、買ってよかった〜!

 

薪ストーブにも火を入れて…(6月とはいえ、夜はまだまだ寒い)その上でピザを焼く!

煙突から出る煙っていいね〜

食器も調理器具も全部ついてる。
お湯も出るから洗い物もラクラク。

テントを持ってない人でも気軽に行けるキャンプ場でいいんじゃないかしら。たまにはこんな豪華なグランピングも悪くないな〜!とはいえ、うちは有料会員にまでなろうとは思わないけど。

 

北軽井沢スウィートグラス人気の秘密

スウィートグラス、人気の秘密が分かりました。
コテージは言わずもがな、テントサイトも素敵っぽかったので、次回はテント泊で来たいと思います。

一度は行ってみたほうがいいキャンプ場だと思います!

【良い点】

広い
施設がキレイ
コテージは快適そのもの
子どもたちの遊び場がたくさんある
雨でも楽しめるイベントもある

【悪い点】

土曜日・連休は予約が取りづらい(有料会員制度があって、それならなんとかなるのかもしれない)
ちょっと高い(高規格でとてもキレイなので、妥当な金額だとは思う)
キャンプの醍醐味が味わえない(今回は別にキャンプが好きなわけではない友人たちとのコテージ泊なので仕方ない)
遠い(横浜からは3時間強)

 

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ママCAMP管理人

じゅりあ

じゅりあ

2016年にファミキャンを始めた初心者キャンパー。職業はプロカメラマン。一男一女の母。横浜在住。犬、アウトドア、海、車が大好き。ママ達だけでも子どもにアウトドアを体験させよう!キャンプに出かけよう!ということで「ママCAMP」を立ち上げる。 [詳細]

folder ジープラングラー

No Image

more...