子連れグループキャンプ2018 北軽井沢スウィートグラス ポリンポリンサイトX

calendar

reload

毎年恒例、北軽井沢スウィートグラスへの友人たちとのグルキャンに行ってきました。

今回は5家族総勢18人♪

今年は、我が家のみテントサイトに宿泊しました。

だって、コテージ高いんだもん。いや、決してケチなわけではない!断じて!
やっぱりキャンプといえばテントでしょ?

土日の連泊なので、スウィートグラスの「土連泊」というプランを使いたかったけど、なにせ人気なスウィートグラス。梅雨真っ盛りだと言うのに、土曜日の予約なんて取れないよ〜(涙)
※土連泊とは土日を含む連泊だと2泊目が半額になるシステム

しかも、一番人気の専用トランポリン付きサイト「ポリンポリンX」が良かったから、例年同様スウィートグラスは日・月の1泊になりました。

土曜日の予約は、やっぱり有料会員じゃないと無理そうだね〜
※スウィートグラスには、2種類の有料会員制度があって、会員だと予約が早くから取れる。

スポンサーリンク

1泊目:草津のリゾートマンション

2017年はエクシブ軽井沢で前泊しましたが、2018年は草津のリゾートマンションに、1泊1620円(!)で泊まってきました。


こちらは、マンション内に大浴場もあって、湯畑や西の河原温泉にも歩いて数分という好立地。草津に泊まるときの定宿になってます。


ザ・和室w 子連れには嬉しいです。


すでに今年2回目。
今回は、外の温泉には行かなかったけど、夜も朝も温泉に浸かって、しっかり温泉を満喫。

なんでそんなに安いの?
気になる人はこちらからお問い合わせくださいね^^

 

移動:草津〜北軽井沢

2日目、朝から快晴!チェックアウト後に北軽井沢スウィートグラスに移動。

草津、北軽井沢間は約20キロ。
ロマンチック街道という、程よいワインディングを走ること40分程で到着します。


白根山を望む。

スウィートグラスのチェックインは13時なので、それまで遊ぶ。


山道に入ってみたり、観光したり。

浅間牧場に行き、餌付けに勤しむ。
浅間牧場の一画にはふれあいコーナーがあり、うさぎ・ヤギ・ヒツジ・アルパカがいて、餌を買って餌付けができる。
小さい子にはピッタリ。


これはポニーに見せかけて

 
アルパカでした〜!懐っこい!(エサ持ってるからw)
おい、私の髪は枯れ草じゃないぞ。


第2駐車場まで行くと、青空と広い草原、そして牛!絵に描いたような美しさ。
なんともナイスな景色が広がっている。ふれあって、ソフトクリームを食べるだけではなく、ぜひ上の第2駐車場まで足を伸ばすことをおすすめする。

梅雨の晴れ間なのか?ものすごい晴天で、気温もぐんぐん高くなる。
ということで、あさま4in1だったかな?でジェラートを食べる。

2泊目:北軽井沢スウィートグラス

やってきました、2度目のスウィートグラス!


こちらが管理棟。ここで受付します。ちょっと早めに着いたけど、準備ができるとサイトに案内してくれます。


ポリンポリンXは、ちょうどキャンプ場の真ん中あたりに位置する。
(写真の中、赤い四角で囲っているところ)


とにかく、サイトが広い!これは、ツールーム×2張れる。
もちろん、専用トランポリンがついています(テントの奥がトランポリン)。トランポリンには屋根もあるから、雨の日でも遊べるね。ちなみに、トランポリン使用時間は9時〜18時まで。

今回我が家は母子キャンプでしたが、テントはコールマンインディゴレーベルのタフワイドドーム。なぜかというと、夜、友人の子どもたちに襲撃されそうな予感がしていたからである。子どもって、テントとか好きだもんね。私も大好きだけど!!

タフワイドドームは、高さも幅もあるのでフライをかけるのがちょっと大変だけど、一人でも余裕で設置できます。
子どもたちはさっそくトランポリンに夢中で設営を手伝う暇もない。想定内。


出来上がり♪

同じくインディゴレーベルのタープも持ってきたけど、面倒だから張らなかった。食事などは友人が宿泊しているコテージで済ませるため、どうせ寝るだけだもんね。

今回は、サイトにテーブルも椅子もついているし、食材は現地調達なので、軽装備!積載も余裕でした♪

【装備】

テント(コールマンインディゴレーベル タフワイドドーム)
タープ(コールマンインディゴレーベル ヘキサタープ)使用せず
グランドシート
インナーシート
インフレータブルマット(ダブル)
寝袋
ランタン(コールマンノーススター ホワイトガソリン用)
ランタンスタンド
チェア(コールマンインディゴレーベル キャンプチェア)
BBQグリル
クーラーボックス

14時、コテージのチェックイン時刻になり、友人たちがやってきた。
毎年ファイヤーサイドコテージ。コテージの中で一番人気。広いし至れり尽くせりな設備・装備がさすが。

ファイヤーサイドコテージについては、2017年の記事をご覧ください。

ここで子どもたちは、「SGおしぎっぱ隊-ビオトープを作る-」というイベントに参加。参加費800円で2時間、子どもたちだけで参加OKって素晴らしい!準備に忙しい時間帯に、子どもたちが2時間いないとか、ホント助かる(笑)

スウィートグラスのスタッフのお兄さんたちは、子どもの扱いがとても上手く慣れている。だから安心して任せられるし、子どもたちも楽しいはず。

子どもたちがいないうちに、早めの夕食の準備。ママたちは食材の下ごしらえ、パパたちは火起こしと調理担当。こういうときはパパたちの活躍が嬉しいね〜♪(うちは母子キャンプですけどね?)

おしぎっぱ隊の後は、もちろんコロスケ号にも乗った。1回100円(付添の大人は無料)。安くて助かる。

夜、テントに子どもが押し寄せる

案の定、子どもたちが「テントで寝る!」と言い出す。気付いたら、テントの中に5人も子どもがいる…私、寝るところないじゃないですか。

外気温13度。ダウンジャケットほしいくらい寒いのに、テントの中は熱気でムンムン!ちゃんと寝袋に入って寝ろよ〜!と言ったのに、「暑い!」と言って何もかけてない…子どもってすげー。やんちゃ坊主が集まると、なかなか寝ないし!!まぁ、楽しいならそれでいいんだけどね。


仕方ないので私は子どもたちの番犬。外で一人、焚き火を楽しみましたとさ。やはり焚き火を見ながらの読書は最高で、早くソロキャンプデビューしたいな…と思った瞬間。

お酒も飲んで、さて寝ようとテントに入ったら、子どもは誰一人寝袋に入っていない…。子どもを押しのけて、私はちゃんと寝袋で寝ましたけどね。

スウィートグラスの紹介

北軽井沢スウィートグラスは施設が整った高規格キャンプ場。今回は、私が気になったポイントを写真に撮ってきたので紹介します。

管理棟(受付)

管理棟。ここで受付やお支払、レンタルなんかをします。
レンタルも、テント・タープから自転車などなど色々ありました。

薪焚の湯(お風呂)


お風呂が新設されていました!草津で温泉に入ってきたし、うちは入らなかった。
貸し切り風呂が4つあるみたいですね。1家族1200円。夜は賑わっていたようです。次は入ってみたいな。

炭・薪売り場


炭や薪は意外とかさばるから、キャンプ場で買えると嬉しい。
炭2kg540円
着火剤108円
焚きつけ用の細薪5本108円

細い薪があると助かる!!
薪は、広葉樹のものしかなかった。
短いもの30センチ8本648円
長いもの40センチ7本648円

薪を運ぶ用のリヤカーも貸してもらえます。さすがの気遣い。

スウェディッシュトーチ、通称木こりのローソクも売ってたよー。1600円。これ、一度使ってみたい。

売店


薪売り場の隣には売店。
圧巻の品揃え。おそらく、キャンプで必要になるだろうもの全てが売っています。
こんなキャンプ場初めて!!もはや、キャンプ場の売店ではなく、アウトドアグッズショップです…。なにか忘れ物してもいざって時に心強い。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ママCAMP管理人

じゅりあ

じゅりあ

2016年にファミキャンを始めた初心者キャンパー。職業はプロカメラマン。一男一女の母。横浜在住。犬、アウトドア、海、車が大好き。ママ達だけでも子どもにアウトドアを体験させよう!キャンプに出かけよう!ということで「ママCAMP」を立ち上げる。 [詳細]

folder ジープラングラー

No Image

more...